飲みやすい上にヘルシー|スーパーモデルのような美肌になるには秘訣がある
女性

スーパーモデルのような美肌になるには秘訣がある

飲みやすい上にヘルシー

青汁

食用の葉野菜

青汁とは、戦時中の日本で、食糧不足による栄養失調を回避するために作られた栄養補助飲料です。原料には、栄養価が高いにもかかわらず、強い渋味と苦味があるために食材とされていない植物が使われていました。食用ではないので、食糧不足の時代でも、スムーズに原料調達ができたのです。しかしそれを使って作られた青汁にも、やはり強い渋味や苦味がありました。そのため、飲むことができないという人も多くいたのです。ところが食糧不足ではなくなった現在では、青汁の原料にはケールが使われるようになっています。ケールは、ヨーロッパではサラダや煮物などにさかんに使われている葉野菜です。食材が原料なのですから、ケールで作られた青汁は、従来のものと比較すると飲みやすいことから注目されています。

おいしく飲むための工夫

ただし食用のケールにも、葉野菜独特の渋味や苦味が多少ですがあります。それが苦手という人もいるため、青汁の中には、原料に果物やはちみつなど甘味のある食材を加えたものもあります。果物にもはちみつにも、ビタミン類やミネラル類が多く含まれているので、これらを加えた青汁は、一層ヘルシーな状態になっています。つまり渋味や苦味を気にせずにおいしく飲むことができる上に、より多くの栄養分を摂取できるということです。また、青汁は他の飲み物に混ぜて飲むことが可能となっています。そのため果物やはちみつが加えられていないタイプの青汁でも、牛乳やジュースなどに混ぜて飲むことで、ケールの渋味や苦味を打ち消すことができます。つまり、工夫次第でやはりおいしく飲むことができるわけです。